第645回 東京都青少年健全育成審議会 メモ

第 645 回
東京都 青少年健全 育成審議会
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_634_menu.html#645

■審議時間の短さ
午後 3 時 31 分開会
午後 4 時 16 分閉会


正味45分の審議である。
私の感覚であるが、漫画作品の指定図書を実際に、しっかりと読んでみると一冊一時間程度は掛かる。
今回諮問された3冊のうち2冊は漫画作品、1冊はムックである。
更にムックにはDVDが付属されており、収録時間は1時間である。
審議の時間45分を全て読書に当てたとした場合、1冊につき15分、
18人の委員が回し読みをするのならば、一人50秒しか読むことができない。
実際は読書以外の議事があるため、審議の半分の時間20分を読書に当てたとしたら、
一人20秒しか読むことができない。

これらを精読、鑑賞し、審査、議論するとなると、この時間内ではとても適わないであろうと予想できる。図書審査に掛かった時間を明記するべきである。
議会を短時間で終わらせなければならない理由があるのか?
審議時間の十分な確保を求める。


■都職員が選ぶ基準
こちらに記載した図書類は、平成 26 年 1 月 30 日から2 月 27 日までの間に、都内のコンビニ ・書店から購入 した 123 誌のうちから、10 ページ、11 ページに記載しております条例施行規則第 15 条の指定基準に基づきまして、指定図書類の候補 として選定したものでございます。


購入した基準は?その基準は購入した職員に一任されているのか?
選定した基準は?その基準は選定した職員に一任されているのか?


■自主規制団体の票数
まず、4 ページをご覧ください。1 番、『SP コミックス 世にもHな都市伝説①』につきましては 「指定やむなし」の意見が 9 名で、その主な内容は、「修整はされているが、性描写が多く擬音等気になる部分がある」などでございます。「指定非該当」の方は 6 名で、その主な意見は、「修整がかなり大きく白抜きで行われており、絵柄からも卑わいな感 じはしない」などでございます。

続いて、5 ページをご覧ください。2 番の 『ANGEL COMICS 隣の人妻 大家さん②』は、「指定やむなし」の意見が 5 名で、その主な意見は、「性器は白くぼかされているが白抜きは刺激的である。性交場面が多く、成人マークをつけてほしい」などでございます。「保留」の方は 1 名いらっしゃいました。「指定非該当」の方は 8 名で、その主な意見は、「性交描写は多いもののきちんと修整されており、指定するほどではない」などでございます。なお、図書類の発行所が自社の関連会社であるとの理由で意見表明なしの方が 1 名いらっしゃいました。

続いて、6 ページをご覧ください。3 番、『いずみムック5 9 性愛の技法』は、「指定やむなし」の意見が 10 名で、その主な意見は、「本誌は修整が甘い部分がある。DVDも修整が甘い」などでございます。「保留」の方は 2 名いらっしゃいました。「指定非該当」の意見は 3 名で、その主な意見は、「本誌は、文字も多く価格も高く青少年が購入するとは思えない。DVD の性器の消しは甘いが、人格を否定するような内容ではなく、指定非該当」などでございます。


自主規制団体の聴取された意見を、なぜ「指定やむなし」「保留」「指定非該当」と分類するのか?
また、なぜその人数を明記するのか?
この自主規制団体の意見は飽くまで審議会内で「議論」を行うための参考意見であり、
「指定するかしないか」を決めるための免罪符では全くない。
自主規制団体のメンバーの人数はバラバラであり、その意見の数には何の正当性も無い。

< 自主規制団体メンバー :平成25年4月1日現在>
◇(一社)日本書籍出版協会2名 ◇首都圏新聞即売懇談会1名
◇(一社)日本雑誌協会6名 ◇東京都古書籍商業協同組合1名
◇(一社)日本出版取次協会3名 ◇東京都書店商業組合3名
◇(一社)日本フランチャイズチェーン協会1名 ◇出版倫理懇話会1名
計18名

「不健全図書類の指定について」より
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/10_eiga_tosyo_ichiran.html


■審議
○会長 よろしいでしょうか。
それでは、各委員からご意見をいただきたいと思います。
■■委員からお願いいたします。

○■■委員 3 誌とも指定やむなしと考えます。『性愛の技法』のところの聴き取り内容の下から3 番 目のところ、6 ページでございますが、「DVD の性器の消しは甘いが、人格を否定するような内容ではない」とありますが、人格を否定するしないは、この審議会の要綱ではないので、事前の聴き取り調査をした方に、そうい うことが審査の基準じゃないということを、話してほしいと思います。
以上です。


第3章 不健全な図書類等の販売等の規制
(指定図書類、指定映画等の基準)
第15条 条例第8条第1項第1号の東京都規則で定める基準は、次の各号に掲げる種別に応じ、当該
各号に定めるものとする。
一 著しく性的感情を刺激するもの 次のいずれかに該当するものであること。
イ 全裸若しくは半裸又はこれらに近い状態の姿態を描写することにより、卑わいな感じを与え、
又は人格を否定する性的行為を容易に連想させるものであること。
ロ 性的行為を露骨に描写し、又は表現することにより、卑わいな感じを与え、又は人格を否定す
る性的行為を容易に連想させるものであること。
ハ 電磁的記録媒体に記録されたプログラムを電子計算機等を用いて実行することにより、 人に卑
わいな行為を擬似的に体験させるものであること。
ニ イからハまでに掲げるもののほか、その描写又は表現がこれらの基準に該当するものと同程度
に卑わいな感じを与え、又は人格を否定する性的行為を容易に連想させるものであること。

「2 東京都青少年の健全な育成に関する条例施行規則(PDF)」より
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/08_jyourei.html

上記のとおり、人格を否定する描写は、審査の基準に含まれる。
なぜ、この委員はこのような嘘をいうのか?
また、誰も注意しないのか?
基準について誰も知らないのか?


○■■委員 いずれも指定やむなし。
○■■委員 私も3 誌とも指定でお願いします。
○■■委員 私も同じく3 誌とも指定でお願いします。
○■■委員 3 誌指定でよろしいと思います。
○稲葉委員 3 誌指定でお願いします。
○鵜飼委員 3 誌指定でお願いします。
○横山委員 全て指定でお願いします。
○■■委員 全て指定でお願いします。
ちょっと一つ聞きたいことがあるんですが、よろしいですか。
○会長 はい。
○■■委員 今回、この 『ANGEL COMICS』というところなんですけど、この出版社が、過去 1 年間の指定回数が 4 回になっているんですけど、この 4 回指定されているということに関して、行政として指導的なものをどのように考えているのか。これは条例の範疇になるのかと思いますけど、そこら辺をお伺いしたいんですが。
○青少年課長 まず、1 回でも指定になれば、出版社を都庁にお呼びして、指導いたしますので、4 回で指導とい うことではなく、1 回で指導いたします。4 回指導が重なっているとい うふ うにご理解 ください。
○■■委員 わかりました。1 回でも指導するとい うことなんですが、4 回指導されているとい うことは、言っていることを理解 していないとい うふ うに判断できると思 うんですけど、例えばそれは、出版物がそれぞれ違 うからですよとい う話になってしまうのか、でも、やっぱり1 回やると、大体どの程度の内容にすればひっかかるんだとい うのが当然わかると思 うんですよ。それを4 回とい うことは、異常じゃないかなとい うふ うに思っていますので、その出版社は作成する部分に当たって、それに対して区分陳列をお願いしているとい うことですから、販売しているところが悪いのかどうか、それとも出版元が悪いのかどうか。だから、出版元が販売元に出荷するに当たっては、これは区分陳列をしてくださいとい うふ うにちゃんと言っているのかどうかとい うのも、そこら辺もちょっとどうなのかとい うのをお伺いしたいんですが。
○青少年課長 まさに■■委員がおっしゃったようなことを、指導の中で共通認識は持っております。それがしっかりと編集側に伝わって、継続 していけば改善されるかもしれませんけれども、出版物は、その都度、また別物が出てくるとい う中で、必ずしも十分でないとい う現実がございます。こちらも、今までは何回もとい うことがあったんですけれども、平成 22 年度の条例改正で 1 年間で 6 回積み重なると、勧告させていただいて、さらに半年以内にもう一度指定になると、今度は公表みたいな形もとりますとい うことにしておりますので、少なくともこういった形で累回重ねるような方につきましては、しっかりと意見交換をしまして、やはり出版の方 と共通認識をさらに深めていきたいとい うふ うに思っております。


この会話では呼び出しをし、指導してもなお指定され続けるのは、
その出版社、編集者に問題がある、とされていますが、私はそうは思いません。
なぜなら、指定図書を最終的に決定する場であるはずの審議会内で、
指定理由を明示していないからです。
上記にある指定図書の基準には、性行為、裸体を描くだけでは指定にならず、
卑猥な感じを与えるか、若しくは人格を否定すると感じられるかがその理由であると書かれています。
この理由を審議会内で明示しなければ、呼び出しをしたとしても、
なぜ指定されたのかを説明することができるわけがありません。
そして、青少年課はその理由を明示するのは、委員ご自分であるとなぜ言わないのか?

○■■委員 それから、あともう1 点なんですが、単行本 とい うか、漫画的なものが今まで多かったんですけど、今回の 『性愛の技法』とい う部分に関しては、小説といいますか、文章が結構入っているんですね。ですから、写真だけでなくて、文章に対しての青少年の健全に関してとい うのは、これは見ていくべきなのかどうかとい うのを、ちょっと教えていただきたいと思います。
○青少年課長 文章、いわゆる小説についても、当然ながら対象 とはなっております。ただ、 一般的に小説につきましては、見る青少年にとっても感 じ方がさまざまでございます。大人でもさまざまだと思 うんですけども、少なくとも画像みたいな形で直接的に刺激するようなものではないとい うことから、小説については、今のところ指定基準に達するようなものは出てきていないとい う状況です。今までもいわゆる官能小説みたいな形で活字のものがたくさんありますけども、基本的には、指定にはなってなくて、著しく性的感情を刺激するとまでは、活字であれば言えないとい うことで、従来から判断してきております。
○■■委員 わかりました。
○会長 よろしいですか。
○■■委員 はい。
○会長 では、■■委員、お願いいたします。
○■■委員 三つとも指定でお願いします。
○■■委員 三つとも指定で結構です。
○■■委員 3 誌とも指定でいいと思います。
○■■委員 3 誌指定でお願いします。
○■■委員 3 誌とも指定でお願いします。
ただ、ちょっと気になるのが、『ANGEL COMICS 隣の人妻 大家さん②』とい うやつが、聴き取り結果では 「非該当」が 8 名いらっしゃるとい うことですね。これを 「非該当」にするとい うのはどうい う感覚なのかなとい うふ うに思いますが、3 誌とも 「該当」でよろしいかと思います。
○倉部委員 3 誌とも指定でお願いします。
○坪内委員 3 誌指定でお願いします。
○山下委員 全て指定でお願いします。
○会長代理 3 誌指定で結構です。
○会長 委員の方全員が 3 誌指定とい うことのご意見でございますので、3 誌指定とい うことで答申してよろしいでしょうか。
(「異議なし」の声あり)
○会長 それでは、3 誌指定とい うことで答申をいたします。


第24条
2 審議会の議事は、出席した委員(会長である委員(第22条第3項の規定により会長の職務を代理す
る委員を含む。)を除く。)の過半数で決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」より
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/08_jyourei.html

18人中18人の指定該当の決により、『SP コミックス 世にもHな都市伝説①』『ANGEL COMICS 隣の人妻 大家さん②』『いずみムック5 9 性愛の技法』の3誌が指定。
20名の委員から会長を除く19名の委員の多数決で決められるため、出席者は19名、欠席者は1名であることが分かる。

(組織)
第20条 審議会は、次の各号に掲げる者につき、知事が任命または委嘱する委員20人以内をもつて組織する。
一 業界に関係を有する者 3人以内
二 青少年の保護者 3人以内
三 学識経験を有する者 8人以内
四 関係行政機関の職員 3人以内
五 東京都の職員 3人以内

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」より
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/08_jyourei.html

また、いずれの委員からも卑猥な感じを与える理由、人格を否定すると感じられる理由は述べられなかった。
指定理由を述べる委員がまったくいないのは、審議会の根本を否定するものである。
なぜなら、一定ページ数以上の性表現が描かれていれば、全ての図書が有害図書となってしまう「包括指定」と違い、
「個別指定」は内容を吟味し、委員会での審議によって指定するものである。
東京都青少年健全育成審議会は「個別指定」を行っている。
各専門家である委員は、各々の学術的根拠に則った指定理由を必ず併記すべきである。


■議事の進行
(「なし」の声あり)
(「異議なし」の声あり)


議事の進行でこのような記述があるが、どなたか一人の声で審議が打ち切られている疑いがある。
本来ならば

(「あり」の声なし)
(「異議あり」の声なし)

という記述で無ければならない。
議会内で、委員の意見がしっかりと取られているのか疑わしい。

■環境浄化活動
続いて、22 ページをご覧ください。こちらは、都が委嘱しております東京都青少年健全育成協力員の環境浄化活動の 2 月分の状況でございます。
平成 26 年 2 月までに委嘱しております協力員は 1,016 名、2 月の活動者数は 257 名、調査店舗数は 772 店舗でございます。
こちらの表は、各店舗におきまして、指定図書類、表示図書類、それから小口シールどめ誌を初めとした大人向けと思われる図書類につきましての包装や区分陳列等の実施状況の調査結果でございます。なお、包装や区分陳列が徹底していない店舗につきましては、職員による立入調査を順次行っております。


表示図書と違い、小口シールどめは、出版社主導のものである。
表示図書とは、「成年向け」と楕円のマークが表紙に印刷された図書のことを言い、
当初はこちらも出版社の主導のものであったが、
条例により努力義務が課され、東京都主導で規制されたものなっている。
これに対し、小口シールどめ誌は条例により明文化された物でない。
しかし、仮に小口シールどめ誌を、条例の7条に当てはまるものとして見ているのならば、
その根拠を都は示すべきである。
示すことが出来ないのならば、類似図書、成年向けと思われる図書類、と示している図書の調査を、
即刻止めるべきである。

第7条 図書類の発行、販売又は貸付けを業とする者並びに映画等を主催する者及び興行場(興行場法(昭和23年法律第137号)第1条の興行場をいう。以下同じ。)を経営する者は、図書類又は映画等の内容が、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、相互に協力し、緊密な連絡の下に、当該図書類又は映画等を青少年に販売し、頒布し、若しくは貸し付け、又は観覧させないように努めなければならない。
一 青少年に対し、性的感情を刺激し、残虐性を助長し、又は自殺若しくは犯罪を誘発し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの
二 漫画、アニメーションその他の画像 (実写を除く。)で、刑罰法規に触れる性交若しくは性交類似行為又は婚姻を禁止されている近親者間における性交若しくは性交類似行為を、不当に賛美し又は誇張するように、描写し又は表現することにより、青少年の性に関する健全な判断能力の形成を妨げ、青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの

「東京都青少年の健全な育成に関する条例」より
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/08_jyourei.html

出版社の小口シールどめによる自主規制と、コンビニエンスストアの成年向けコーナーでの販売の自主規制が、
第7条が示す自主規制「青少年の健全な成長を阻害するおそれがあるもの」と合致すると言うのならば、
その根拠は何か?
出版者が行なう自主規制は全て第7条に当てはまると考えているのか?
東京都青少年健全育成協力員にどの様に説明しているのか?
環境浄化活動、職員による立入調査の際は、その人物の基準に因るものか?
区分陳列無し、配慮無しとの調査結果は単に、書店が自主規制に値しないとしているだけではないのか?

(これらの問題は、出版社や販売店が独自に行なってきた自主規制を、
都がその基準を明確にすることなく、条例に取り入れたことが原因である。
これは、出版社や販売店がその利用者、そして非利用者への利便の向上として行なったことである。
東京都青少年・治安対策本部が行っているのは、出版社の好意に着け込み、
それを規制するために利用していることに他ならないではないか。
私はこれを卑劣な行為であると考える。このような行為を青少年に奨励するのか?)

また、これらはこれまで都が再三言ってきた「出版社などの自主規制を尊重する」という言に明らかに反する。
「出版社などの自主規制を尊重する」とする発言を撤回するべきである。

また、調査を委託している協力員(東京都青少年健全育成協力員)には、謝礼が払われているが、
活動者257名にのみ払われているのか?
それとも活動していない759名にも謝礼が払われているのか?
謝礼は一人当たりいくらになるのか?
[PR]

by k1kuraki | 2014-04-23 04:05 | 都条例