主婦の友生活シリーズ わたしの健康DX2のレポート 1/2

2015年8月に、東京都より有害図書として指定されました、
「主婦の友生活シリーズ わたしの健康DX2」を購入することができましたで、
その内容をレポートしたいと思います。

1.概要
「主婦の友生活シリーズ わたしの健康DX2」は高年齢の男性向けムック本です。

2.購入場所
有害図書指定が発表された直後の8月、
近所の百貨店内にある某全国チェーン展開している書店にて購入しました(都内ではありません)。
同店は成年コーナーを設けておらず、成年マークのついたコミックス等は扱っていませんでした。
そのためか、もしくは都内ではないためか、
「主婦の友生活シリーズわたしの健康DX2」は一般の書籍と同じように扱われ、
誰でも購入できる状態で販売されていました。
正確には、自力で探し出すことができず店員の方に探し出してもらい、後で販売場所を教えていただきました。

販売されていた場所は男性向け情報誌を扱っているコーナーで、
男性の趣味に関する本、例えば腕時計やファッションなどの専門情報誌などが置いてある場所でした。
私は幾度もこの書店に立ち寄っていますが、
この場所に青少年が立ち入っているのを見たことは一度もありません。
また、書籍は中を開けられないように透明なビニールでシュリンクされており、
購入し、開封するまで内容はまったく分からないようになっていました。

3.書籍の内容
書籍自体は一般的なムック本と同程度の大きさで、全100ページのフルカラーで構成されています。
金額は税込み980円。
内容は冒頭に15ページのヌードグラビアがあり、女性は単体で写されていました。
男性との性行為の場面などはなく、週刊誌に載っているようなオーソドックスなものでした。
性器を写すような場面はなく、よって消し、モザイクなどもありません。
巻頭特集とふたつの章に分かれて構成されており、
文章を主体としたインタビュー、コラム、解説などで占められています。

巻頭はホラー小説家、アダルトビデオ監督のインタビュー、そして春画の解説が図解で載っています。
春画は江戸時代のもので男女の性行為が描かれていますが、性器には消しが一切なく、
そのままの状態で載せられていました。
第1章は中高年男性向けのナンパ術、セックスのHowTo、風俗店(ハプニングバー)の選び方など、
解説や指南が各専門家により執筆されています。
第2章は性と健康についての解説がされており、
EDの基礎知識、治療薬、食事や体操などを、クリニックの委員長などが解説しています。
この章は約30ページと書籍全体でもっとも多くのページが割かれていました。
書籍は全体を通して中高年男性をとても意識したしっかりとした作りがされおり、
第2章の比率が大きいことからタイトル通りの健康書という面が強いものと感じました。
また、中には袋とじがあり、これは付録のDVDの解説書となっています。

4.付録DVDの内容
DVDは全60分、全て既存の市販されているDVDから再構成され収録されており、大まかに3部で構成されておいます。
第1部はAV男優によるHowToSexについての内容で、15分で占められています。
これは式会社マクザムから販売されているDVD「AV男優のアドリブ・セックス」からの抜粋です。
またこの作品はアダルト商品ではなく一般作品として販売されていることと、
男女のハードコアと思われる性行為が写されていますが、構図や足などの遮蔽物により、
局部がまったく写されていない点は、特筆すべき点であると思われます。
第2部は緊縛師による緊縛入門についての内容で、こちらも15分が占められています。
こちらの作品も式会社マクザムから販売されているDVD「有末剛 愛の緊縛レッスン入門編」から抜粋されています。
同じくこの作品はアダルト商品ではなく一般作品として販売されています。
内容は緊縛師による初級的な緊縛の解説と、下着姿で緊縛された女性と男性とのスキンシップが写されています。
こちらは性交シーンは収録されていませんでした。

第3部は1部、2部と違い、アダルトDVDから抜粋されたものが使われています。
扱われている作品はソフト・オン・デマンド株式会社から販売されているDVD 10作品で、
各3分が抜き取られ合計30分で構成されています。

各タイトルは以下の様になっています。
1「白石茉莉奈 絶頂地獄 敏感痙攣211イキ 巨根13,688ピストン」
2「10人連続真正中出しで患者の性処理を行う新人看護師 上原亜衣」
3「サウナレディのお仕事 11 「全員Gカップ以上!」密着巨乳洗体スペシャル」
4「ソープランド介護施設 2」
5「古川いおり×浅野えみ 超絶頂!ダブル激イキッ!ダブル潮吹き天国」
6「手コキクリニック ファン感謝祭 2013 」
7「友達同士の大学生男女が「素股マッサージ」体験 初めて擦れ合うチ○ポとマ○コは火がついて、そのまま生挿入真正中出し!」
8「成長した娘の裸に触れた父親はイケない事と知りつつもチ○ポを勃起させて「禁断の近親相姦」してしまうのか!? 超絶ツインテール美少女密着追跡スペシャル!」
9「旦那の浮気を言い訳に自らの性欲を発散させる清楚系人妻 谷原希美 38歳 AV Debut 恥じらいながらも…どんな行為でも受け止める淫乱SEX」
10「客室!御膳!露天!から飛び出る生チ○ポが人気の温泉旅館 しゃぶりながらの湯 本館…さらにハメながら!!」

これらの映像は、各DVDから1シーンを抜き取り3分にまとめられ再編集がされています。
よって、よくあるDVD販売者が製作したサンプル映像ではなく、
この書籍のために製作されたものであることがわかります。
またこれら10作品のチョイスに関しても、中高年者向けに製作するために選ばれたものであると思われ、
看護師、介護、サウナ、ソープランド等、男性が受身になって性行為をする作品や、
映像に出てくる男性も高齢の方が出演されている作品がいくつもありました。
性器にかけられているモザイクは粒子が細かく、形状や様子が良く分かるものでした。
これはおそらくDVD販売者の自主規制されたものをそのまま使用していると思われます。
そのため、これらの作品はハードコアであるように見えました。
袋とじの解説には中高年の精力アップのための妄想力を掻き立たせることを目的とすると解説されており、
事実、DVDの内容は女性との性行為そのものよりも、その状況や設定などのシチュエーションによる、
想像力やイマジネーションを刺激するものとなっています。
各作品3分という短い構成なのもそのためと思われます。
また、8「成長した娘の裸に触れた父親はイケない事と知りつつもチ○ポを勃起させて「禁断の近親相姦」してしまうのか!? 超絶ツインテール美少女密着追跡スペシャル!」は、
近親相姦を描いた作品であることを触れておきます。

DVDを含め、書籍全体を総括して見てみると、とても丁寧に作られ、まとめられており、
DVDを付録とすることで安易に売り上げ増を狙ったものではないか、
という批判がされる様なものではない、しっかりとした作りを感じさせる内容でした。

以下は今回の件に関する考察です。

考察1
ニュースソースの出所はどこか?

この「主婦の友生活シリーズ わたしの健康DX2」が指定図書となったことが発表されたのは、
2015年8月11日(審議会は前日の10日、指定されたのは14日)であり、
同日中に各ニュースメディアで報道されました。
その報道の内のひとつである、朝日新聞デジタルにて気になる情報が出ています。

問題視したのは、女性を縄で縛る描写のほか、過去のアダルトビデオ10本の一部が収録された付録の「性力アップ60分DVD」。10日に開かれた都の青少年健全育成審議会が「著しく性的感情を刺激し、青少年の健全な成長を阻害するおそれがある」として、不健全図書類に指定するのが適当と答申した。
主婦の友社ムック本、都の不健全図書に 成人コーナーへ
http://www.asahi.com/articles/ASH8C56RKH8CUTIL033.html


注目されるのが「問題視したのは、女性を縄で縛る描写」という一文です。

不健全な図書を指定するまでには、3つの機関(「東京都青少年・治安対策本部」、「自主規制団体」、
「青少年健全育成審議会」)が図書を審査していますが、
8月11日時点ではどの機関も指定図書とした具体的な理由を明らかにしていません。
よってこの「問題視したのは、女性を縄で縛る描写」という指定理由は、
極一部の人々の間でしか知りえることのできない情報であると言えます。
また、後日発表された東京都青少年健全育成審議会会議資料の自主規制団体からの意見聴取結果からは、
上記の問題視した「女性を縄で縛る描写」の意見が見られません。
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/09_658_menu.html#662
よってこの「問題視したのは、女性を縄で縛る描写」という指定理由は、
「東京都青少年健全育成審議会」から出された意見であり、そこが元と考えられます。
この情報を知っているのは「東京都青少年健全育成審議会委員」と「東京都青少年・治安対策本部の職員」であり、
前者であれば第3者的機関である委員としては素質を欠く行為であり
後者であれば公的機関であるにも関わらず、情報を意図的にリークしたことになります。

報道にもあるとおり、発表された時点では主婦の友社は、
『指定については「都から正式な連絡を受けていないので、コメントは控えたい」』と述べており、
指定についての反論の機会を逸してしまっています。
この様に規制側の一方的な意見のみが一次報道で流れ、規制される側の意見は相対的に封殺されてしまいます。
情報を独占し、それを利用することができる立場にいる者は、
強い力を持つということを再認識しなければならないでしょう。
これは極めて政治的な問題であり、「東京都青少年・治安対策本部」がリーク元であれば、
情報の扱い方に看過できない恣意性があると感じます。

続きます。
[PR]

by k1kuraki | 2015-09-07 10:23 | 都条例